天然染料について
The Natural Dyes we use

インド藍 インド原産
Indian indigo
キアイと呼ばれる マメ科 コマツナギ属の植物の葉を収穫し、アルカリ水を加えて抽出、
沈殿を繰り返し乾燥させた物を染料として使用しています。
日本における藍染めの歴史は古く、江戸時代から庶民に愛され親しまれてきました。
野良着、仕事着、夜具類、産着等の用途の他、蛇などの虫よけ、消臭、殺菌作用等の効用もあるとされています。

The leaves of a legume called Assam indigo or "Kiai" are harvested and mixed with alkali water to extract the pigment. We use a dye that has been thickened and dried over and over again to perfection. Indigo dyeing or "Aizome" has a long history in Japan dating back to the Edo period when it was widely loved by the commoners who used it for everything from farm clothes or work clothes to sleeping garments and swaddling clothes. It is also said to repel snakes and insects, have deodorizing properties and be a natural disinfectant.







ミロバラン インド・ビルマ原産
Myrobalan from the Indian Himalayas
モモタマナ科の樹木で、実を染料として使用しています。
ピロガロールタンニンと云う色素を含みます。

Dye is taken from the nuts of the Terminalia chebula tree. It includes a pigment called Pyrogallol tannin.

アルミ媒染 (染色イメージ)
Aluminum mordant (approximate color of dye)
鉄媒染 (染色イメージ)
Iron mordant (approximate color of dye)







蘇芳(すおう) インド・マレー半島原産
Sappanwood dye from India and the Malay Peninsula
マメ科の小高木で、芯材から色素を抽出した物を染料として使用しています。
中国から渡来したとされており古い書物の、随所にその名前が登場する事から、
古代より上層階級の重要な服色の一つとされてきた事がみうけられます。
江戸時代になると庶民の染料として、楊梅、藍と並んで広く使用されるようになりました。
ブラジリン、ブラジレインと云う色素を含みます。

A smaller tree from the legume family. Pigment is taken from the heartwood. This dye is said to have come across the ocean from China and can be found here and there in old literature. For this reason, Sappanwood dye has been one of the colors used for only the highest class since ancient times. Later in the Edo period, it became popular amongst the commoners as well, becoming fully as popular as bayberry dye and indigo. It includes a pigment called Brazilin or Brazilein.

アルミ媒染 (染色イメージ)
Aluminum mordant (appoximate color of dye)
鉄焙煎 (染色イメージ)
Iron mordant (appoximate color of dye)







西洋茜 地中海沿岸の南ヨーロッパ・西アジア原産
Madder dye from the Mediterranean coast of Southern Europe and Western Asia.
茜科の多年草で、別名を六葉茜ともいいます。
根を染料として使用しています。
アリザニン、プルプリン、ムンジストン等の色素を含みます。

A perennial plant of the genus Rubiaceae, in Japan it is also called  "Mutsuba Akane". The dye comes from the root of the plant. Some of the pigments it contains are Alizarin and Purpurin.

アルミ媒染 (染色イメージ)
Aluminum mordant (appoximate color of dye)
鉄媒染 (染色イメージ)
Iron mordant (appoximate color of dye)







渋木 東南アジア原産
Shibuki or Bayberry dye from South-Eastern Asia
ヤマモモ科の常緑高木の樹皮を染料として使用しています。
別名を楊梅、山桃ともいい古くからある染料ですが、
特に江戸時代から広く使用されるようになりました。
タンニン、ミリセチンと云う色素を含みます。

A dye taken from the bark of a tall evergreen tree of the wax-myrtle family. Also called Yamamomo or Youbai and is a very old kind of dye. It became most popular in the Edo period. The dye's pigments include tannin and quercetin.

アルミ媒染 (染色イメージ)
Aluminum mordant (appoximate color of dye)
鉄媒染 (染色イメージ)
Iron mordant (appoximate color of dye)







ビンロウジ インドネシア、マレー原産
Betelnut dye from Indonesia and Malay
ヤシ科ビンロウ属の常緑高木で実を染料として使用しています。
染料用途の他、漢方薬としても用いられます。
また、東南アジア・南アジアでは噛む嗜好品として古くから人々に親しまれています。

A dye taken from the fruit of the Betelnut tree, an evergreen from the Palm family. As well as being used as a dye it is also know as a herbal medicine and in South and South-Eastern Asia has been a long time favorite for chewing.

アルミ媒染 (染色イメージ)
Aluminum mordant (appoximate color of dye)
鉄媒染 (染色イメージ)
Iron mordant (appoximate color of dye)





詳しいご質問等ございましたら、下記メールフォームからお願いします。

法人様用 メールフォーム  個人様用 メールフォーム